毎日微熱

何もせずに暮らしてえな。

アセンション島からの詐欺電話………てかその島どこ?

 

 

遡ること数日前,底辺営業の私はその日もビラ配りをしていた。

 

 

同世代のチャラ男たちにへこへこ頭を下げながらビラを渡していたところ,

トゥルルットゥットゥットゥ♪ トゥントゥントゥントゥルルットゥットゥットゥ♪

 

 

 

 

忌々しい業務用iPhoneの着信音・・・。

 

 

めんどくさ案件の電話でないことを祈って画面に目をやると「アセンション島

 

 

 

怪しい・・・明らかに怪しい・・・

こんな糞底辺営業の携帯に海外電話・・・

詐欺の匂いしかしない・・・

 

と疑心暗鬼になっていたらすぐに切れてしまった。

 

 

 

すぐさまビラ配りそっちのけで検索してみると,案の定最近流行りの国際電話を使った詐欺だとのこと。こわいね。

 

個人情報の収集だとか,通話料詐欺だとか,この電話の目的はさまざま考えられるらしい。

何かしら儲けるために誰かが鬼電していると考えると地道な作業だなあとしみじみしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てかそれよりもアセンション島ってどこやねん。

 

 「アセンション」って言うからには,なんか宗教的な楽園的なそういう島?

 ヒカルランド系?

 

 

ということでウィキペディアで調べてみた。

 

 

 

 

アセンション島 

アセンション島 (Ascension Island) は、南大西洋に浮かぶイギリス領の火山島

1501年に、インド遠征の途上にあったポルトガル艦隊によって発見。

その2年後、やはりインド遠征の途上であったポルトガル艦隊により再発見され、再発見日である昇天祭にちなんでアセンション島命名された。

島には先住民はおらず、島の住民は会社や組織の構成員とその家族から成り立っている。

人口はおよそ1,100~1,200人ほどで、他に150人ほどの駐留アメリカ軍がいる。

参考:ウィキベディア 

 

 他にもいろいろなサイトを調べてみましたが,外の人向けの観光名所とかそういう類のスポットはあまりない孤島のようです。

 

 写真を見てる限り自然豊かな島で素敵。

あんまり日本では知られてない孤島っていうだけでなんかエモい。

 

 

人口もそこまで多くない島だけれど,この島で誰かが一生懸命日本に向けて鬼電をしているのかもしれない。 

 

 

 

 

 

 

とりあえずアセンション島からの電話は折り返したりしなければ大丈夫なようです。

 

 

 

 

 

 

まあ私は手が滑って着信履歴を確認している時に折り返しちゃったんだけどね・・・・・・・・・・。